ページトップ

群馬県立図書館

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-9-1
電話:027-231-3008 ファクス:027-235-4196

All Rights Reserved, Copyright©Gunma prefectural library

トップページ > 行事 

行事

 
行事
12345
2018/12/13new

第16回群馬県図書館大会を開催しました(報告)

| by 県立管理者

16回群馬県図書館大会「新時代の図書館~図書館の明日を考える~」を開催しました。

日時  平成3011月29日(木) 午前10時 ~ 午後4時30分

会場  群馬県立図書館

日程  式  典   (午前10時~10時30分)

     記念講演  (午前1030分~12時30分)

           テーマ別分科会(午後1時30分~4時30分)


主催者挨拶、来賓祝辞に続いて、表彰式が行われました。

 優良図書館群馬県教育委員会表彰…太田市立中央図書館

   群馬県読み聞かせボランティア顕彰

EBAの会(前橋市)

読み聞かせの会“はすの実”(伊勢崎市)

母ぐまの会(桐生市)

せせらぎおはなし隊(甘楽町)

草津よみきかせの会(草津町)

   優良読書グループ表彰伝達…藤岡市読み語りの会ネットワーク(藤岡市)

 

記念講演

 谷口 忠大 氏(立命館大学 情報理工学部 教授) 

「ビブリオバトルでつながろう、人と本、人と人をつなげる、図書館にむけて」

 

 ビブリオバトル考案者、立命館大学教授の谷口忠大氏による記念講演では、考案者ならではのビブリオバトルのスタートや裏側のお話まで聞くことができました。谷口氏の軽妙なトークで、笑いあり、真剣な質疑応答ありと大変充実した内容でした。参加者アンケートには、「ビブリオバトル考案者の谷口先生から直接お話が聞けて大変勉強になった。」「ビブリオバトルの本や資料からは見えない部分が理解できたことはありがたかった。」「ビブリオバトルの本質がわかり、有意義な時間でした。」などの御意見が寄せられ、参加者の皆さんも大変満足してくださったようでした。

谷口さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 
第1分科会 「読書支援ツール『Life with Reading』による新しい読書推進アプローチ」

   講  義: 渡辺 泰 氏(株式会社 有隣堂 社長室室長)

   ワークショップ: 木村 紀彦 氏

(慶應義塾大学 政策・メディア研究科「Life with Reading」プロジェクトリーダー)

1分科会は、第1部を講義、第2部をワークショップという2部構成で行われました。

参加された方たちは、講義の後のワークショップをとおして実際に体験したことによって、読書支援ツール「Life with Reading」のよさを実感できたようでした。

 参加された方からは、「新たな発想が生まれるきっかけをいただきました。とても楽しく学ばせていただきました。」「新しいことを学べて楽しかったし、刺激を受けました。ぜひ実践してみたい。」などご意見が寄せられました。新たな学びに喜びを感じている参加者の様子がうかがえます。

 

第2分科会 「災害時及び復興における図書館の対応と役割」

  講 演①:「自然災害による図書館の被害と復旧」

      川島 宏 氏(日本図書館協会図書館災害対策委員会委員・株式会社 栗原研究室)

講 演②:「災害への対応:東日本大震災の経験から」

      加藤 孔敬 氏(名取市図書館)

 

パネルディスカッション「災害時及び復興における図書館の対応と役割」

    パネリスト: 川島 宏 氏(日本図書館協会図書館災害対策委員会委員・株式会社 栗原研究室)

            加藤 孔敬 氏(名取市図書館)

            中沢 孝之 氏(草津町立温泉図書館)

    コーディネーター :井上 淑人 氏(群馬県立太田フレックス高等学校)

 

 

第2分科会の講演では、講師の方々から東日本大震災の際の被害の様子や、災害によって被害を受けた日本各地の公共図書館の様子などを写真や動画を示しながらお話していただきました。また、パネルディスカッションでは、被災からの復興に向けた取り組み事例や今後私たちが考えていかなければならないことや心構えなど、各自の考えを深めることができました。

 参加者のアンケートには、「具体的なお話で大変勉強になった。日頃からシミュレーションをして考えていきたい。」「自分のところでは災害が少ない、という考えはなくさなければいけないと思った。図書館職員としてだけでなく、自治体職員にとって、とても貴重な内容でした。」「図書館関係の大会では、災害についての講演を聞く機会があまりないので大変貴重なお話が聞けました。」などのご意見が寄せられ、多くの学びがあった分科会になったことがうかがえます。

 

 全体についての感想では、「一日でボリュームがありましたが、中身が充実していてよかったです。」「図書館関係の講師とはまた違い、読書に関する様々なアプローチがあることがわかり、大変勉強になりました」「関係者の皆様、準備等でいろいろ大変だったと思いますが、ありがとうございました。」などのコメントをたくさんいただきました。

分科会検討委員のスタッフの皆さん、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 


15:33
2018/12/12new

「子育て中の親のためのコーチング実践講座」を開催します!

| by 県立管理者
子育て中の親のためのコーチング実践講座チラシ画像

 子どもを持つ親の皆さん、子育てに関する不安を抱えていませんか。子どもの考える力を伸ばす子育ての実践には、「アクティブラーニング」という考え方が欠かせません。
 そこで、県立図書館活用パートナーシップ事業として「子育て中の親のためのコーチング実践講座」を開催します。

1 主催

ホット・コミュニケーションズ(ホット・コミュニケーションズは、コーチングの考え方を基に、子育て中の親や経営者等をバックアップする研修等を実施しています。)

2 共催

群馬県立図書館

3 日程等

(1)第1回「子育てと自分」

1月19日(土)10時~12時

(2)第2回「聴く」

2月23日(土)10時~12時

(3)第3回「話して見る」

3月16日(土)10時~12時

(4)第4回「質問する」

4月27日(土)10時~12時

(5)第5回「認める」

5月25日(土)10時~12時

※1回のみの参加も可能です。

4 会場

県立図書館(前橋市日吉町1-9-1)3階研究室

5 講師

ホット・コミュニケーションズ代表 茂木ゆういち ((一財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ・日本スポーツコーチング 協会認定スポーツコミュニケーションアドバイザー&コーチ)

6 参加費

無料

7 対象

子育て中の親

8 定員

各回20名

9 申込み

入力フォーム(外部リンク)より受付

10 問合せ先

ホット・コミュニケーションズ

電話:070-5543-0073 E-mail:hottobiz◆hotto-com.jp(◆を@(半角アットマーク)に変更の上ご送信ください)

子育て中の親のためのコーチング実践講座チラシ.pdf(PDF形式:725KB)



11:00
2018/12/11new

平成30年度第2回学校図書館研修会(実施報告)

| by 県立管理者
 平成30年11月22日(木)当館3階ホールで、第2回「学校図書館研修会」を開催し、44名の参加をいただきました。

 講義では、新しい学習指導要領のキーワードである「主体的・対話的で深い学び」について、具体的なデータや資料を基に分かりやすく説明していただきました。講義の合間に、近くの席の方と意見交換をする時間を何度もとっていただいたので、先生のお話の内容を確認しながら学ぶことができました。本を取り囲んで生き生きとした表情で話合う児童・生徒の姿を写すスライドから、学校図書館の可能性が広がりました。

 実践発表では、学校図書館の活性化のため、学校が一丸となって取り組んだ実践について教えていただきました。小学校からは「どくしょゆうびん」や「本のプレゼントこうかん」など、中学校からは「ビブリオバトル」「図書館オリエンテーション」など、読書の輪を広げるための手立てや「生徒が主体で働く委員会活動」等について紹介していただきました。また、たくさんの資料を持って来ていただき、児童・生徒が実際に書いたものや、実物のディスプレーを間近で見ることができました。学校図書館の効果的な利活用についてイメージが膨らみました。

 グループ別情報交換会では、「子供の顔が輝く本」について情報交換しました。

講義実践1


講義2情報交換会

詳しくはこちら
学校図書館研修会
16:37
2018/11/28

第18回「ときめき ルネッサンス・サロン」開催報告

| by 県立管理者
平成30年11月27日(火) 当館3階ホールで、第18回「ときめき ルネッサンス・サロン」を開催し、15名の参加をいただきました。

今回は、4名の方に自作の紙芝居「前橋が生んだ世界詩人 萩原朔太郎」「道元の娘さん」「狐に騙された熊野坊の話」「ネコのリンゴの木」などを発表していただきました。
地域の文化を伝えてゆく方法として、紙芝居の効用にあらためて気付かされました。

第19回のサロンは12月18日(火)に開催します。


15:06
2018/11/14

「県立図書館アフター5委員会」を開催します!

| by 県立管理者

アフター5委員会チラシの画像

 県立図書館活用パートナーシップ事業として「県立図書館アフター5委員会」を開催します。
 学校や仕事終わりの若者が、図書館に集って語り合い、読書活動を推進するためのアイディアを考え、実施するための委員会です。本が好きな若者の皆さん、ぜひご参加ください!

1 主催

一般社団法人サイドアットラボ(一般社団法人サイドアットラボは、自治体や企業等と協働し、地域の発展や課題解決に向けたアプローチを図る団体です。)

2 共催

群馬県立図書館

3 日程等

(1)第1回

12月18日(火) 17時30分開始

(2)第2回

1月16日(水) 17時30分開始

(3)第3回

2月19日(火) 17時30分開始

(4)第4回

3月19日(火) 17時30分開始

※1回のみの参加も可能です。

4 会場

県立図書館( 前橋市日吉町1-9-1)
3階研究室

5 参加費

無料

6 対象

18~35歳程度の若者(男女は問わない)

7 申込み

メールにて、「①名前」「②連絡先」「③年齢」「④参加希望回」を記入の上、開催の一週間前までに申込み(定員に余裕のある場合、当日の参加も可)

8 問合せ先

委員会事務局 電話:090-2550-3254

9 申込先

委員会事務局 メール:book◆sideatlab.com(◆を@(半角アットマーク)に変換の上、ご送信ください)
グーグルフォーム(外部リンク)からの申込みもできます。

アフター5委員会チラシ.pdf(PDF形式:826KB)


14:44
2018/10/25

第17回「ときめき ルネッサンス・サロン」開催報告

| by 県立管理者
平成30年10月23日(水) 当館3階ホールで、第17回「ときめき ルネッサンス・サロン」を開催し、16名の参加をいただきました。

今回は、ドキュメンタリー映画『陸軍前橋飛行場~私たちの村も戦場だった』を撮られた飯塚俊男監督にお越しいただき、撮影の経緯や、ドキュメンタリーの醍醐味などについてお話しいただきました。
質疑応答の後、伺った内容を元に参加者それぞれの想いを語り合いました。


第18回のサロンは11月27日(火)に開催します。






13:39
2018/10/04

平成30年度第2回学校図書館研修会のお知らせ

| by 県立管理者
平成30年度第2回学校図書館研修会を開催します。

学校図書館の活用がこれまで以上に効果的・効率的に行われるための手掛かりとなると思います。
学校司書業務を行う図書館担当職員だけでなく、現場の先生方にも聞いていただきたい内容です。

11月22日(木)に開催しますので、ぜひご参加ください。

11.22チラシ

詳しくはこちらから
学校図書館研修会
13:49
2018/09/06

「昼席:落語を聴く会~落語で偲ぶ江戸~」を開催します

| by 県立管理者

 県立図書館では、図書館のホール等を活用して様々なイベント等の開催を行う「県立図書館活用パートナーシップ事業」への参加団体を広く募集しているところですが、今回、提案のあった「昼席:落語を聴く会~落語で偲ぶ江戸~」を、本事業の一環としてはじめて開催します!
 CDを使って毎回異なる落語の鑑賞を行い、関連する江戸文化の紹介を行うイベントです。
 1回のみの参加も可能ですので、ぜひご来場ください!

1 趣旨

古典落語を通じて、江戸情緒や江戸文化を学ぶとともに、当館の関連資料の利用拡大を図る。

2 主催

江戸あいと上州支部

3 共催

群馬県立図書館

4 日程等

(1)第1回「船徳」

10月17日(水) 14時開始

(2)第2回「長屋の花見」

11月14日(水)  14時開始

(3)第3回「品川心中」

12月19日(水)  14時開始

(4)第4回「富久」

1月16日(水)  14時開始

(5)第5回「あくび指南」

2月13日(水) 14時開始

5 会場

県立図書館3階ホール

6 参加費

無料

7 対象

県民一般

8 定員

100名(事前申込不要)

9 問合せ先

群馬県立図書館 総務係
〒371-0017 前橋市日吉町1-9-1
電話:027-231-3008 FAX:027-235-4196

※来館にあたっては、できる限り公共交通機関の利用又は乗り合わせをお願いいたします。

落語を聴く会チラシの画像

落語を聴く会チラシ.pdf(PDF形式:566KB)



09:07
2018/08/24

ぐんま天文台との連携事業報告

| by 県立管理者
群馬県立図書館&ぐんま天文台連携ビブリオバトル2018

 8月15日(水)に群馬県立図書館とぐんま天文台との連携事業が
 ぐんま天文台において開催されました。

 群馬県立図書館職員2名とぐんま天文台職員2名が発表者となりました。
 発表者はそれぞれ自分が面白いと思った天文の本を紹介してくれました。
 最後には参加者全員(26名)が自分が読みたいと思った本に投票しました。
 チャンプ本は「生命の星の条件を探る」でした。

 参加者の感想の一部より
 ☆どの本も面白そうで、一番を決めるのが難しかったです。
  全て4冊買って読みます。楽しかったです。
 ☆宇宙を感じる図書を知ることができ、楽しかったです。
  読みたい本が増えました。
 ☆星の専門の方々が好きな本を紹介してくれて、面白かったです。

天文台1天文台2
15:32
2018/08/03

群馬県立図書館「除籍資料無償譲渡会」について

| by 県立管理者
 平成30年8月21・22日に行われる群馬県立図書館除籍資料無償譲渡会に申し込まれた団体の一覧を掲載しました。来館日時をご確認ください。
 8月21日の午前中(9:30受付開始)は、図書館未設置町村の公民館及び特別支援学校のみ、その他の団体は12:30から受付開始となります。
 なお、本年度の受付は終了しておりますので、新たな申し込みはできません。

H30 譲渡申込み一覧.pdf
08:41
12345
 

子どものページ