ページトップ

群馬県立図書館

〒371-0017 群馬県前橋市日吉町1-9-1
電話:027-231-3008 ファクス:027-235-4196

All Rights Reserved, Copyright©Gunma prefectural library

運営方針

 

基本方針

    群馬県立図書館は、県民が自ら学び、自ら考え、社会の変化に柔軟に対応でき、心の豊かさや生きがいを持って生活することのできる生涯学習社会を構築するうえで、県内図書館の中核施設であるとの認識に立ち、県民のニーズを総合的かつ幅広く把握した図書館サービスに努めるとともに、読書活動の推進と県内市町村立図書館・図書室や学校図書館との連携強化を図ります。

 

目指す図書館像

  • 県民の学びの支援と「読書活動を推進」する図書館
  • 高度な専門的情報サービスを提供する図書館
  • 図書館ネットワークの中核図書館
  • 県内の図書館等を支援する図書館
  • 群馬県に関する資料・情報の最終保存図書館
 

重点施策

資料の収集、情報発信と読書活動の推進

    平成31年4月1日に施行された「群馬県民の読書活動の推進に関する条例」に基づき、県立図書館の役割である専門的な資料の収集や、県民の学びを支え、より深く生きる力を身につけられる企画展示や読書啓発イベントなど様々な情報発信を行い、県民の読書活動の推進を図ります。

調査相談機能の充実及び専門化と情報化の推進

    レファレンスツール(辞書・事典、データベース等)や専門的資料を整備するとともに、高度な質問に対応できる専門性を備えた職員の育成を図ります。

物流システム及び図書館情報提供システムの充実

    県内図書館の中核館として、市町村立図書館・図書室及び学校図書館・大学図書館間の相互貸借資料等のスムーズな物流に努めるとともに、県内図書館横断検索システムなどを運営し、情報提供の充実を推進します。

市町村立および学校図書館等への積極的な支援

    県内の県内の図書館業務に従事する職員間の情報共有、意見交換の機会を拡充し、各図書  館がそれぞれの地域の情報拠点となるよう支援します。また、学校図書館活用のための研修機会を増やし、スキルアップを図れるように研修内容を充実させます。

郷土資料の網羅的収集・発信/専門機関との連携拡充

    郷土資料、特に一般的な流通ルートに乗らない地域の資料を収集・保存するとともに、貴重な資料がより広範に活用されるよう、デジタルアーカイブを推進します。また、従来のMLA連携だけではなく、その他の専門機関との情報共有や協力を進めます。
*デジタルアーカイブとは、図書館等の収蔵資料などの文化資源等をデジタル化して記録保存し、ネットワーク等を通じて提供すること。
*MLA連携とは、博物館(Museum),図書館(Library),文書館(Archives)の間で行われる種々の連携・協力活動のこと。

 

子どものページ